FC2ブログ
2018
09.23

嫌でも年齢を押し付けられる?

Category: 友達
たまたまなんですが、同じ年のお友達がいらっしゃいます
私の亡くなった姉と同じ年なので、ついつい甘えたりさせてもらっています
別々の場所で出会いましたので、その方たちは面識もなければ
互いを知らないのです

が~ある出来事がありまして~複雑な思いにひたっています

Aさんにあった時、とっても明るい声で「記念写真撮ったのよ」と~
わざわざ写真館を予約して、自慢の和服一式を持参して
メークと髪は写真館の方がプロ級であつらえてくださったそうです
見開きの大きな台紙付きのものとは別に、四つ切のタイプのものもあって
それを見せてくださいました
良い表情されています
写真館で撮るって久しくありません…一番近いのは娘の結婚式の時のものですが
晴れ晴れというより緊張した面持ちのものなんですよね
彼女のように誇らしげに微笑んでいられるのが羨ましかったです
その時のエピソードなども沢山話された後でぽつりと
「遺影」にするつもりなのよ~と更に明るいトーンでね
さすが~人生の先輩としても学ぶところ多いです

Bさんと別の時間にお会いしたときに聞いたお話は…
娘さんご夫婦とお孫さんがお誕生日のお祝いの食事会をしてくれたそうです
その前にホテルの内にある写真館で記念の写真を~
紫の着物を着付けしてもらってかしこまっての記念写真
娘たちの気持ちはとても嬉しかったけれど………そのあとを言いよどんでいました
はっきりというと「年齢を突き付けられた」という思いのようです
本人は自覚したくない年齢を「祝い」という形にせよ自覚させられた
もう~こんな年になってしまった~老いを認めつつも認めたくない年齢が辛いと

受け止め方がこんなに違うんですね、いずれも自分に正直です
そしてどちらもよくわかります、揺れている気持ちも
そういう思いは家族や兄弟姉妹では理解されにくいかもしれません
赤の他人の気楽な女友達になら吐き出せるものなのかもしれません

私も年齢の事あらがっていますので、美容室のエピソード
こちらにつぶやいてスッキリしましたよ(^_-)-☆





Comment:0
2018
09.22

初参加してきました

Category: 手話ダンス
傾聴のメンバーが大宮の方で手話ダンスのサークル作りました
今年の春のシルバーの総会でご披露していました
設立は二月なのに、猛特訓してのご披露
大したものです~感心しましたよ
私と別のお仲間で大宮まではいけないから、近くにないかと探して
体験に出かけたことがあるのですが…厳しい講師・激しい檄を飛ばす先輩に恐れをなして
初体験コースで終了~高度過ぎた…手話だけでなくステップも高度(そのように初心者は見えました)

それで~六月くらいから傾聴の方にトライしてみようかとそのお仲間と誘い合ったけれど
台風があったり、しっかり雨が降ったりで…出鼻もくじかれてしまって
七月も参加せず、八月は夏休みというわけで延び延びになってしまった
本日やっと出かけました、朝が早いです
最寄り駅は八時台の電車に乗らないと…遅刻…
講師をしてくださる方から昨夜メールあり、遅刻しても良いから見学に来て~とお誘い
行かないわけにはいきませんよね

今月から新曲で、全員初心者という時に飛び込むと良いのかも~
『手のひらを太陽に』『北国の春』の二曲
それぞれの振りと説明と細かくしてくれて、講師がお手本を示し
次に全員でやってみるの繰り返しを、レベルが同じくらいだとわからないことも聞きやすいです
最後に、春のご披露したものを反復という事でおさらい
こちらは『ふるさと』『高校三年生』『見上げてごらん夜の星を』の三曲

歌にさえなじみがあれば、振り付けは手話の基本少しやってますのでできます
問題はステップですね
それと月に一回では覚えても忘れるのかも???








Comment:0
2018
09.21

11月上旬( ^ω^)・・・

Category: つれづれ
寒い~と朝から思わずつぶやいてしまいました…
20度に届かなかった???
あれ~秋のお彼岸ですよね
炬燵のスイッチをミミちゃんのために入れました

外は雨…だけど美容室に行くつもりであれこれ支度していたけれど
外気の温度が今一つ分からず、しばらくベランダで体感で感じるように~
上着必要不可欠

美容室の方に「白髪染めの辞め時っていつ頃ですか?」って質問
『う~ん、今はまだ白髪が少しある程度ですよ』
前髪や耳の横の生え際が気になってリタッチしてもらってます
自宅でご自分でできる方もいらっしゃいますが
後ろに手が回らず、おまけに全く見えない部分などが残ると嫌だな
そんなこんなでまだ美容室のお世話になっています
『二か月位リタッチもせず、後ろなどの髪を上にあげて地毛がどの程度白いか』
それで見極めると良いのかも~とアドバイスもらいました
例えば10割が完全白髪とすると、今はまだ1割程度らしいです
それが7割位になったら、リタッチは勿論白髪を自然に伸ばす方が
髪にとっては良いでしょうね、という説明でした

当分はリタッチにせよ染めていないと、一気に老けてしまう事わかりきってて
年相応という言葉に抵抗しています
人生50年のころならいざ知らず、人生100年ならば
まだまだ時間はあるわけです(強引ね(^_-)-☆)
抵抗できない足腰の弱りはいざ知らず、見かけだけでもスッキリとさせたいってね
無駄でも抵抗できる間はやっておこう~♪




Comment:2
2018
09.20

さいたま映画ネットワーク

Category: 映画
NPOで企画している映画上映会はご近所(埼玉会館)の場合
できるだけ鑑賞に行っています
交通の便の悪い、芸術劇場内での上映というときはあきらめます
さいたま新都心駅でもないし~大宮との間の位置で私には不便
あちらの方が上映回数も多いし、良質の作品がかかるんですけどね…

今回は「道」1954年イタリアで公開された作品です
この映画のことは知らなかったのですが、テーマ曲の「ジェルソミーナ」が
トランペットの哀愁を帯びた音色という事で、部活のバンドで取り上げられて覚えました
先輩のトランぺッターが吹く音色にもドキドキしたものです
上京後、名画座で三本立て映画を見た時、突然田舎での思い出が
フィードバックした事も、今日改めて思い出しました

ストーリーは旅回りをしている大道芸人の男が、安いお金で口減らしで売られた
頭の弱いジェルソミーナを連れて各地回っている時々のエピソードです
いつの間にか男に好意を抱くようになるけれど
それすら自覚していなかった娘の前に、別の旅芸人の男が現れて
何のために生きているのかわからないとつぶやくジェルソミーナに
小さな石ころでも何かの役に立っていると諭され
大道芸人の役に立っているかもしれないからと逃げ出すことをあきらめた
が…二人の男たちが争ったため優しくしてくれた男が殺されたことで
ジェルソミーナのバランスが崩れ~大道芸人から離れてしまう
・・・二人の別々の道に待っていたものは~
切ないメロディーが~耳に残ります





Comment:0
2018
09.19

秋晴れですね

「零余子」…こんな字ででていると読めませんね
むかごと書かれれば、あぁそうかとわかる程度の知識です
昨日あったお友達がお庭から摘んでくれたそうです
カップに半分くらい~炊き込みご飯にしてね~と言われたけれど…
美味しそうなレシピで見ると、シンプルに白米だけでも良いみたい

相棒にそれを告げると…白米には何も入れない方が良いと却下されました
大体が白米大好き人間で、一年に何度か炊き込みご飯を作るけれど
いつも少なめにしか食べてくれません
結局、私が全部食べなければならないので…作らなくなる…
こういう循環ですので、今回も一応聞いてみたら「う…ん…」と気乗りしないみたい

あちこちレシピ見ていたらゆでて塩を振りかけても美味しく食べられると
へぇ~それは知らなかったな~とそれに決定
味はどうか今は分かりません、まだ茹でていませんので
もっとも量もさほどないので、お通し位の感覚です

二人暮らしでも一応それなりにあれこれ作ってはいますが
果たして満足してくれているのかどうか?
現職時代に美味しいもの沢山食べたので、粗食で良いらしいのが
救いかもしれない…
たま~に、これは美味しいと思える日もあるけれど(自分の料理で)
褒めてもらうことはない、しかし完食しているので良いのでしょう
相手にあれこれと期待しない生活は「楽」で良いのかもしれませんね




Comment:2
back-to-top