2017
10.21

落語三昧

Category: 落語会
本日はホール落語会です
『立川志らく』師匠のチケット6月に取っています
現在、立川談春師匠とともに売れている噺家さんです

この方のドキュメントを観た時は、知らなかったエピソードを最近知りました
結構、立川談志の門下生では一番気骨がある人かもしれないと思いました
故、立川談志師匠は弟子の築地修行というものさせていました
「赤めだか」という談春師匠の著作でも出てきますが
築地という場所で、ただひたすら店員として働くことが修行の1つとされ
談春師匠も体験していますが、唯一断ったのが志らく師匠だそうです
あの~故、立川談志師匠の命令を断ったということで有名になったわけです

shiraku.jpg

口跡は談志さんに近いですね
休憩に入る前の前半はほとんど有名な人たちのエピソードや時事ネタで
客席の客層を肌で感じ取ろうとしている様な気がしました
噺家さんが事前にネタは決めなくて、その日のマクラの話で本ネタを決める
そんな裏話も聞くと(これは以前聞いた話です)何となく本日もそうかなんてね

それと~彼は映画にとても詳しいということで
「シネマ落語」という分野を確立しています
と言っても、生で聴いたことはないのですが…
映画の題材を江戸時代にワープさせて演じるらしいのです
一度は聴いてみたいです
休憩後は古典落語を熱演してくれました
「富くじ」は師走によく出てくる演目です
今で言う宝くじの噺なので、余計に気持ち乗せられるのかもしれません

相棒さんと久しぶりに一緒だったのですが、途中寝てしまうのでは…
そんな懸念が吹き飛ぶくらい落語自身が面白かったので
楽しんでいたようです
帰りに一言「客層が後期高齢者ばかりだった」と…
そんな感想はいらないのにね(^_-)-☆







Comment:0
2017
10.20

お茶のみ落語

Category: 落語会
コミュニティで偶数月に開催されている、朝十時開演「お茶のみ落語会」
約半年ぶりで予約が取れて出かけました

いつもは「三遊亭鬼丸」師匠が出番なのですが
何か美味しい仕事(笑)が別にあるらしく、本日お休み
もう一人の主役(?)
「三遊亭天どん」師匠は出られましたが~
なんでも午後からはもっともっと大きい寄席の出番があるという事で
新作落語のさわりのみを噺として~ネタおろし的な~
要は勉強会の端くれです、ここのお客様は(笑)
誰も不満は口にしません、何といってもワンコイン落語会ですからね
それにお茶が付いてきますもの、ありがたいです

それでお二人の真打さんのカバー&ご本人の修行で
三遊亭天歌(てんか)二つ目さんが出演して、かなりの時間頑張られました
この天歌さんは宮崎出身とかで、現在は川口に在住

tenka.jpg

出囃子はコロブチカ(ロシア民謡)らしいです
こちらの小さな落語会では出囃子ないので一度聞いてみたいですね
得意ネタの「やかん」は今日聞けましたよ
もう一つは「幾代餅」古典落語ですね
吉原の太夫の錦絵だけを見て一目ぼれした若者の話です
熱演しましたね

多分~緊張されていたと思いますが~
さわりというかマクラの話の後に本ネタに入る時
師匠たちはさりげなく羽織を脱ぎますが、天歌さん脱ぎませんでした
二つの話どちらも…

★いつしかそれが「マクラから本題に入る合図」となりました。
ただ、この脱ぐときにある程度スムーズに脱がないと観客の目がそれに向いてしまいます
ですからこの羽織の脱ぎ方ひとつとっても「芸の一部」だと言えるでしょう。
商人や武士がメインになる噺の場合は
羽織を着ていたほうが自然なのであえて脱ぎません★

検索したらこのように出ていました
お写真もHPでお借りしました
フレーフレー天歌さん~♪





Comment:0
2017
10.19

イレギュラー

Category: 傾聴
毎月、この第三木曜日は傾聴の日ではありません
それぞれ各自で活動できる曜日とマッチする施設さんに伺うのですが
こちらのリーダーさんが所用があってお休みされるという事で
私の骨折の時は応援お願いした方なので、今回は私が~

ところが雨なのよね
20分に一本のバスで違う曜日に通っていましたが
雨の日は特にバス遅れるんですよ…
そこでヒマしている相棒に「今日はプール行かない?」と聞いてみました
昨日行ったばかりですし、毎日は~かな?
と思っていたら………「送って良いよ」との返事
ラッキー~♪
車での送り迎えですと、バスの憂鬱さが晴れまして
快調に傾聴してこれました

初めての曜日ですと、利用者さんの顔ぶれがまた違っていましてね
会話の内容が全く違いますね
特にお話し好きの男性がいると、かなり深い知識を語ってくれます
昭和も一桁世代の方達は話題が豊富
本日は硬貨に刻まれているデザインの話でした
十円玉の平等院は良く知っていますが、その他の硬貨の話
家にかえってゆっくりと見てみました
また、お勉強させていただきました『ありがとうございました』







Comment:0
2017
10.18

秋晴れになったので~

少しだけ歩いてきましたら~
もうそんな季節なの?
って思う事が…
こちらに行ってきたんですが~

usagi.jpg

境内にあります噴水はこちらの神社のシンボル「うさぎ」です
母兎の下に小さな子うさぎが~
そして神殿の前には「七五三」の子供たちが二組参拝していました
そう~まだ10月と思っていましたが
都合の良い日にと、今日になったのでしょうね
どちらのお子様たちも男の子はりりしいはかま姿(五歳)
女の子は可愛い着物姿(三歳なのでちっちゃくてよけいに可愛いです)
いずれもおじいちゃま・おばあちゃまが付き添われていて
優しい愛情に包まれている様子
「健やかに育ってください」と勝手にお祈りしました

今日は貴重な晴れの日だったみたいですね
明日からまたこちらの地方は雨模様
四季の楽しみが失われている今年ですが
今日はちょっぴり季節感味わえたみたいです




Comment:0
2017
10.17

落とし穴

Category: その他
色々な考え方があります
十人十色というように10人いれば10通りの考え方
ピッタリ一緒はいなくて、少し似ているとか~
半分くらいは一緒かな~?とか…

少し前に住宅ローンの話になりまして~
お1人は
「支払者(ご主人)が死んだら払わなくて良いようになるのなら完済しない」
またある人は
「退職金が入ったら、全部完済したい」
またある人は
「繰り上げ返済して、残額をいくらかでも少なくして退職の方が」と
三人いても三様に違いました
退職後というのはどのように変わるかわからない状態です
ご主人が少しでも働いてくれるのか、全くのリタイヤしてしまうのか
また、夫婦の持病の悪化などがないか
現役当時と同じように余暇を楽しみたいのか
様々の状況によって経済的にも変化がある時なので
しっかり考えて決めなければね

今流行の「リボ払い」には落とし穴ってありますよね
お買い上げの一割くらいを毎月払い続ける感じですが
全額ではないので、負担が少ないという感覚になります
それでいて、欲しいものは手に入るわけですからね
支払いを少額にすればするほどラッキーな感じなのかしら
でもね、支払いに要する月が長ければ長いほど金利を多く払っています
ただでお金貸してくれているわけではないですよ
リボも住宅ローンも手持ちがないから、一時的にはお金借りてる事
その借りた先に利子を払い続けて、元本は中々減らない
それが現実で、金融機関はそれで成り立っています

まぁ、それで経済が回ると考えるのでしょうか?
首は回らなくなると思ってよいでしょう
小さな買い物も大きな買い物も、そののちの生活も考えて支払方法を
考えていくことが大事な事だと改めて思いました




Comment:2
back-to-top