FC2ブログ

☆★☆ 毎日一人でつぶやいてます☆★☆

TV
論文なんて…卒論以来書くことも見ることもない凡人です
しかし~これを見て~

★4週連続スペシャルで

・第1夜「大学へ突撃」スポーツの論文 @筑波大学

・第2夜「論文が生まれた地へ」秋葉原の論文

・第3夜「論文著者の研究人生」キリンの論文

・第4夜「ほぼろんぶ~ん」路線図&ケーキのスペーサーの研究

1月毎週月曜 夜10:50~ Eテレ★

過去の放送

録画をまとめて観ました
ロンドンブーツの淳が視聴者目線で論文まとめた方に
普通に質問してくれましたので、分かり易かったです

大学はこの番組への理解の足りない私は…?…
頭柔らかにしてみた方が分かり易いのかも
秋葉原の昔、電気街からの今のアキバへの変遷
今でも健在の小さな部品屋さんと建物との関係性
視点が違うと面白いです
キリンの研究者はお若い女性で、意外性があり
キリンの首は長いは固定観念だったのね…知識ないと(;'∀')
路線図が一番面白かったです
駅によって分かり易さを求めながらの当駅の中心の主張(?)
あれはこれから見る目が変ってきますね
こういう物に着眼する人の発想に尊敬の念を抱きます

凡人には思いもつかないこと沢山あります
惰性的にTVに流されていますが、図書館にまでいかなくて
この寒い中、お部屋で新たな情報や過程などを得られる
TVはありがたいアイテムですね





2020.02.09 / Top↑
TV
「はじめてのおつかい」を今年もついつい見てしまいました

三歳位から(ひとり二歳の子も)、甘ったれさんやしっかり者さん
色々なタイプのお子たちが、親に励まされながら
任務を終了するまでの長いみちのり…(親にとっても)
勿論、笑いたくなる場面もありますが~微笑み
だけど、幼いけれど真剣な顔が段々逞しくなってくるような
任務完了時の、誇らしげであり甘えちゃんに戻る時間
たまらなく愛しいですね~涙が溢れます

我が家で30数年以上前に四歳直前位の姉娘に
社宅内の公園ー直線道路ではありません(二度曲がる)
車の往来はありませんが、社宅の戸建てで特徴のない同じ家
家と庭がついたものが並んでいるだけ
そんなところを通って小さい公園に妹娘を連れてって
「母は後から行くからね」「妹の手は繋いでね」その二言だけ
妹娘は二歳直後かしら?

彼女たちの足で五分もかからないところですが
親や大人がいない時はどう行動するのかな?
お砂場セットを忘れた設定で玄関前で分かれて
そのあとを距離置いてついていきました(お砂場セットもって)

妹娘が母と手をつなぐのを嫌がる時期でしたが
姉を頼ってしっかり手をつないでいた事
妹の足の速さにちゃんと合わせていた事
ご近所の顔なじみの人から声かけられたら
挨拶出来て、「〇〇ちゃんを公園に連れて行くの」と
はっきりと言えたことなどが、かなり嬉しかったですね

親の見ていないところで子供の成長って見られるんですよね



2020.01.07 / Top↑
TV
昨日、内覧があったようですね
そしてTVでは旧国立競技場での前回のオリンピックが
無事開催された「いだてん」が最終回でした

大河ドラマ的には不評で視聴率悪かったそうですね
立ち上がりについていけないと、中々次回も~
という感じにはならないものです
私は最終回まで完走しましたよ(笑)
ただ…たけしの志ん生さんは口跡が悪くて聞き取りにくく
かなり評判悪かったです、なぜ彼を起用したのか???
阿部サダヲさんに関しては、熱がつたわりました
元々、熱血タイプのかたですので良かったのかな?

新国立競技場には多くの課題が残されているとか
オープンされたばかりなのに………
屋根のない木材をふんだんに使った建築物
一番の害らしいものは、鳥たちによる巣作りとか~?
と新聞に書かれていました
確かに木の香の香る新居づくりには最適でしょうね
近くに明治神宮があります~緑豊かな場所です

昨日のTVのラスト近くで19歳の広島の青年が
オリンピックの聖火を点火しました
世界から日本全国からも受け継がれたオリンピックの聖火を
晴れある日に自分の手で点火させることの重圧に戦う姿
参加選手と同じくらいの背中の重みに耐えられた後の
晴れやかな顔が印象的でした

そしてその聖火台の場所はマスコミにもまだ公表されていない?
昨日の段階では私は見ていなかったのですが…
この競技場の今後の維持費などが
他の競技場の倍から三倍はかかるとか………
歴史的に残していく~レガシーでしたか?
維持費の捻出が必要不可欠ですよね
運用をしっかり考えて次の世代に渡しましょう



2019.12.16 / Top↑
TV
まだ17歳ですが、注目している女優さんです
朝ドラ「なつぞら」に出演しています
あの『なつ』の妹役です
戦後の混乱期の中で離ればなれになった妹の設定
なつとの再会は子供連れという時間経過があります

この女優さん、最初に気がかりになったのは
同じくNHKの「透明なゆりかご」というドラマで
実年齢とほぼ同じく、看護師をめざし産婦人科で
看護助手として働いている姿でした
そこには生命の誕生を喜ぶ家族もあるけれど
望まなくして宿った命を、葬らなければならない
苦しい選択をする人たちもいる現実
瓶に入れられ処置したものに対しても
心よりその存在を慰めている姿でした

その後大きく成長して、同じ産院で逞しく働いている姿に
現実の世に対しても明日への希望のようなもの感じました
まだまだこれから伸びていく女優さんなのでしょうね
応援し続けたいと思っています

黒木華さん、杉咲花さん、みんなデビュー当初に心に残り
その後大成していった女優さんです、何だか嬉しい(^_-)-☆



2019.09.16 / Top↑
TV
こんな日は撮り溜めしているお気に入りのTV番組です

『きのうなに食べた?』ドラマ24(毎週金曜深夜0時12分放送)

西島秀俊さんと内野聖陽さんのゲイカップルのお話です
シロさんの西島さんは弁護士でケンジの内野さんは美容師
2人の間柄をオープンにしたいケンジと
仕事に影響するかもという葛藤からか、まだ内緒のシロさん

兎に角内野さんの女っぷりが(?)が良いんです
女心が随所に観られてて、いじらしさが溢れています
だけど多分…惚れているのはシロさんの方です
得意の料理でハートを(胃袋?)を掴んでいます
番組内で必ず食事の場面あります
仕事から帰ってきて(帰りに買い物しています・共働き感あり)
キッチンでシロさんの好みなども考えて、手際よく普通の食事
これがまた誰にでもすぐ作れそうな感じで、まだ作ってません

マネできるな~この材料ならあるな~少し買い足せば~
そんな感じで観られる料理番組のようでもあり
2人の周りの人たちも絡めて、カップルの存在感を含めて
ごく自然にその世界感を理解させてくれるそんな番組ですね

有難さを感じていない人が多くなっていますが
『命』授かるって凄いことで、十月十日母のお腹で守られて
この世に生を受けたことは奇跡的な事とも思います
孫娘の誕生で更に強く思います
その命を大事にして欲しく心と体に正直に生きて欲しいと思います

***番組内のレシピ検索したらでてきますよ***
 ↓↓↓
 レシピ






2019.06.10 / Top↑