FC2ブログ

木漏れ日の中で

☆★☆ 毎日一人でつぶやいてます☆★☆

  1. DVD
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

モリのいる場所

やっと観られました
これが公開されたときは、近くの劇場では上映されず
電車で乗り換えならOKというところでしかなかったと記憶しています
結構、そういう作品が多くて観たいのにな~とジクジクしています
今回はレンタルビデオ店にて貸出受けまして、ポイント還元で無料

山崎努さんと樹木希林さんのご夫婦役での共演
伝説の画家・熊谷守一夫妻を演じた人間ドラマです
30年間もの間、ほとんど家の外へ出ることなく
庭の生命を見つめ描き続けたという熊谷守一=モリのエピソードを
ベースにして、晩年のある1日を沖田修一監督がフィクションとしてユーモラスに描いてしてます
さかのぼる事、昭和49年の東京・池袋
守一夫婦が暮らす家の庭には草木が生い茂り
たくさんの虫や猫や池にはメダカが住み着いていました
それら生き物たちは守一の描く絵のモデルであり
じっと庭の生命たちを眺めることが、30年以上にわたる守一の日課であった
そして妻の秀子との2人で暮らす家には毎日のように誰かが訪れ
守一を撮影することに情熱を傾ける若い写真家はアシスタントと共に
守一に看板を描いてもらいたい温泉旅館の主人は手土産もって
隣に暮らす佐伯さん夫婦、近所の人々、さらには得体の知れない男までも
老若男女が集う熊谷家の茶の間はその日も、いつものようににぎやかだった

30年一歩も外に出なくても、庭の自然界の生き物たちと心で向き合うという事は
想像力を持っても計り知れなくて…それをあるがままに受け入れている妻秀子の存在
どちらも互いが無くてはならない、それでいて訪問者からの影響も全く受けず
全てが淡々とそれでいてゆっくりと時を刻んでいる事がとてもよく伝わり
慌ただしく過ぎていく現在の生活とは、対極にあるとさえ思ってしまう

夫婦でこのような晩年を過ごせるのは理想です
多分、私たちには至難の業でしょう、それでもそういうご夫婦がいることも
心の隅には置いておきたいと思う作品でした

数あるエピソードの中でも
『アリは二本目から歩いているんだね』…カメラマンへの言葉
『僕がいなくなったらかあちゃんが困るだろう』…池の主が宇宙へと誘ったときの言葉
この二つが、頭の中でリフレーンしています








  1. DVD
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

Tポイントの更新

少し前にTポイントカードを作った「TSUTAYA」からお知らせのハガキが届きました
更新していないとポイントが使えなくなるということもありとかで
毎年のように更新しています
指定日までに更新するとDVDが一本無料、更新料216円です
しっかり一本だけ借りてきました
が…その後このような記事を見ました

★「恵比寿」や「六本木」の旗艦店も“落城”
TSUTAYA閉店・縮小の波は東京都心の旗艦店にも押し寄せている
都内初の都市型店舗として1994年10月に開業した「恵比寿ガーデンプレイス店」は
“ないビデオはない”をコンセプトに、都内屈指のビデオ・DVDの品揃えを誇っていた旗艦店
隣接する「ウェスティンホテル東京」では全客室にDVDプレーヤーを設置し
宿泊客はDVDレンタルが無料になるなど独自のサービスも魅力だったが
2月末での閉店が決まった★ーーー(ネットより)

昨年わが町のJRの浦和駅の北口改札口(ICカードのみ使用可)は
蔦屋の本屋さんと合体しています
コーナーには店内の本読み放題(お買い上げしなくてよい)Cafe併設
JRの高架下をうまく使っていますし、北口への誘導で混雑緩和されている
この漢字の蔦屋は歴史も古く(江戸時代)最近では代官山の蔦屋さんが有名ですね

しかし、TSUTAYAの方でレンタルビデオ・CDのおかげで
全区津々浦々映画館の少ない地域でも映画を見られ
新曲発売されるとCDを借りて、好きなアーチストが身近に感じられたり
とてもお役立ちのお店だったはずなのに~
ネット配信が進むにつれて、レンタルビデオ離れ???

「24」のシリーズでジャック(キーファー・サザーランド)を知ったのも…
「プリズンブレイク」でマイケル(ウェントワース・ミラー)を知ったのも…
レンタルビデオのおかげでした
当時のはまり具合から見ると、今や完全に昔の話になった私ですから
文句なんて言えませんね
さて~この町のTSUTAYAは生き残るのでしょうか?





  1. DVD
  2. cm: 2
  3. [ edit ]

更新すると~

レンタルビデオはあまり借りてないのですが「Tポイントカード」更新の時期
これって更新していないと、他のお店でのポイント使えなくなってしまう…
それで「TSUTAYA」へ更新の手続きへ~
更新のお知らせのハガキを持っていくと準新作が一本無料とある
スクリーンで観たいのはほぼ洋画なので、見たいのに見てない邦画で何かないかな?
たまたま、近くの市民会館での映画上映会のチラシでみたタイトル
「海よりもまだ深く」阿部寛・樹木希林の出演
これだわ~と思って早速レンタルしてみるとDVDは無料ですが・・・
更新料は「216円」とのこと~成程すべて無料じゃないのね(^_-)-☆

ストーリーは
大人になりきれない男と年老いた母を中心に
夢見ていた未来とは違う現在を生きる家族の姿をつづった人間ドラマ
15年前に文学賞を一度受賞した(阿部寛)が、その後は売れず
作家として成功する夢を追い続けている中年男は妻と離婚
息子の養育費も必要なため現在は探偵事務所で働いているが
作家活動に取材のためと周りに話している………

情けない中年の男の姿を阿部寛さん好演ですが
別れた元嫁(真木よう子)に新しい男性との出会いを見てしまうと
嫉妬する哀れな様も、何とも中年男の黄昏感と相まって倍増している
ただ…息子へ別れた後での愛情の示し方は無骨だけれど…
そんな父を慕っている息子

何よりも老朽化した団地で一人住まいの母・樹木希林さんの温かみのある慈悲深い姿
息子を信じ・孫や別れた元嫁にも無条件で手を差し伸べる
日本の母・ひとつ前の世代かも…多分ここまでの献身はできないかも???
そして~亡くなった父の存在は姿こそないけれど、あちらこちらに~
父を好きではなかった男が、最後に知った父の深い深い愛を
息子へつなぐことができるのだろうか~?

カンヌ映画祭で「ある部門賞受賞」作品









  1. DVD
  2. cm: 2
  3. [ edit ]

「24」~4巻見終わった~!

2001年からシリーズ始まったんですね
複数の出来事がリアルタイムで進行し
全シーズンが1話1時間の全24話で完結するこのスタイル
画面のカット割りも激しく、見始めめた当時は内容の把握に
結構時間かかっていたかも~

ちょっとだけ、当時の事思い出しました、この「24」がきっかけとなって
海外ドラマシリーズをあれもこれも見ていた事を~
「ER」は当然ながら「CSI」・「クリミナルマインド」「プリズン・ブレイク」
「LOST」・「Dr.HOUSE」等々・・・はまっていたのでしょうね

今回、レンタルショップの会員の更新が昨年の秋に切れていた事しらされました
その位何もレンタルしていなかったんですね~

あれから時が巡り、またそんな時間がくるとは~

ジャックは潜伏期間が4年間となってました
その間にキーファー・サザーランド主演の映画を観ましたが
やはり何かが違うって・・・ジャックのカラーに染めすぎたのでしょうね私が・・・

今回のシリーズの舞台はロンドンという事だけはオープンしてもいいかしら?
それとあの「クロエ」にまたまた会えた~
いつもながらの不機嫌顔、とてもたまらない魅力です
彼女の笑顔を別の海外ドラマでみましたが、それはそれで素敵でした
来日したこともあったような~?
今回のクロエとてもロック調でメイクもぴったり
そんな中でもほんの少し、昔の家族を思い出すシーンがあって
ジャックの妻は犯罪に巻き込まれ、クロエの家族も事故で亡くなるという
痛ましい過去が二人の連帯感につながっているのですが
それ以上に強い絆があります、使命感が誰よりも強い事でしょうか

この続きはまたまた、何か月後にレンタルされるのでしょうが
お楽しみが先にあるって良い事ですね






  1. DVD
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

久しぶりです「24」

やっぱり~レンタルしてしまった・・・・・・・・・
「24 リブ・アナザー・デイ}
まだ、見ていないので内容はわかっていません

ジャック・バウアーと最初にあったのはいつだったかしら?
と、思うほど前なのね
当時ネットのお友達から推薦されて(ミステリー物が好き)というお仲間
「24」のスタートからレンタル始めたら・・・
もう病みつきになってしまったんです
兎に角テンポの早い展開にドキドキ・ハラハラ・わくわく感が半端ないと思い
次々とレンタルして、お友達との感想を言い合うのも楽しい時間になりました
その次のレンタル日を心待ちにする時期があったんですよね

そうそう、そのお友達は名古屋の方だったのですが
レンタル日の前夜にはすでに入荷しているとの情報がありまして~
家の近くのレンタル屋さんにわざわざ同じことがあるのか
聞きに行ったりするほどだったんですよ
だいぶ前に「ファイナル」と名付けられたシリーズだったので
もうおしまいになるのだと思っていたのですが~
昨年の秋にまたまた新作ができるとニュースで見て
半分楽しみ、半分は前ほどの期待感がないことに気が付いて・・・
これも加齢(苦笑)かも~なんて思っていました

たまたまお買い物の帰りにレンタルショップ覗いたら
全部レンタル中になっていました・・・やはりご縁がないのね
なんて帰りかけていたら、ショップのスタッフさんが
返却されたものを棚に戻しに来て「1巻~4巻」までありますよって~
あら私に借りられるのを待っていたのね
と、言う事で無事借りられましたよ

さて~これからジャックとご対面となります(^_-)-☆







NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

西の魔女ちゃん

Author:西の魔女ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

月別アーカイブ