FC2ブログ
2019
03.24

お外はぽかぽか~🌸咲きますね

Category: ねこ
昨日からちょっと喉に違和感感じていまして~(昨日寒かった…)
リビングに今朝はおひさまサンサンと入ってますが、ベランダ出ると風ありです
用心して本日引きこもり~
するとミミちゃん、これはしめたとばかりに膝の上占領
結構重いですよ…そのまま寝てしまいますからね

何度か下ろして用事片付けて座ると(こたつにINすると)
またまた膝の上の繰り返しです( ;∀;)

はい、ここで奥の手~いつもは上げないおやつを
以前は全然食べなかった「ちゅ~る」をとっておきのお皿に入れて


nekosara-1.jpg


2/22のニャンニャンニャンの日に買ったお楽しみ袋の中に入っていたものです
陶器市でも似たようなもの見ましたが、やはりこれはKALDIの限定品
昨年は入っていませんでしたから、おやつ用にしてあります


nekosara-2.jpg


かぐわしい匂いにつられて~ペロリです

美味しかったようですよ、ミミちゃんも炬燵にINしてお昼寝中です(^_-)-☆




Comment:0
2019
02.22

猫の日です

Category: ねこ
今年もゲット(笑)


222.jpg


2月22日は~ニャンニャンニャンの日で猫の日です、猫好きの人だけの記念日???
そして毎年この日にちなんで「KALDI」が販売しているものがこれです
(画像はHPよりお借りしました)

中身は「ジャンナッツ ハッピーキャッツ アールグレイ」のティーバッグ
バラの形のミルクチョコレート「オリジナル キャットチョコレート」
「オリジナルシリアルクッキー」
ネコのイラストが描かれた「ジャンナッツカレンダー2019」
陶器製の「オリジナル ティートレイ」が付いてます

昨年は残り数個の時に気が付いて買い求めたので
今年は早めに出かけたら~たまたま~同じ日にもう一つのイベント
「彩果の宝石」ゼリーのお店の感謝祭も同じ日ですでに100人以上ならんでいるとか
こちらは今年は断念、二つも並ぶ元気がなかっただけです
毎年、買い求めて娘たちにプレゼントしていましたが
そちらのきっかけは亡くなった姉が大好きで、毎年送っていたものだったから…
娘たちは、今年も買ったの?位の反応で張り合いがなくなりました

猫バッグ増えてもね…と思うものの…全くの無駄よね…
お散歩バックに丁度いい大きさなんです~言い訳タラタラ( ;∀;)





Comment:2
2019
02.17

あの子どうなるのかな?

Category: ねこ
いつもは通らないけれど、帰り道にはなる小さな通りの焼き鳥屋さん
こちらに引っ越した当時は何度か相棒と軽く飲みにも行きましたし
昼間はお魚中心のランチが美味しくてお友達とも相棒とも行きました
ボリュームがあって一緒する人に手伝ってもらって食べるくらいです
サービスが良いという事です

そのお店の前を通ったら貼り紙があって
「店主が高齢のためこれ以上営業を続けることができなくなりました、閉店です」
と、書かれてありまして~
コツコツと焼き鳥を焼いていたおじいちゃんを思い出しました
そして歯切れのよい女性のスタッフさんのことも思い出しました
残念です………
そして、それから一か月くらいたったころ再びその通りを散歩したら
………焼き鳥屋さんの隣の小料理屋さんにも貼り紙が………

駅の反対側に移転しますとのお断り書きでした
角地にあるその小料理屋さんの横の小さな路地にはいつも
白黒の猫ちゃんの食事場所でした
地域猫ちゃんの群れとは離れて、ここにいつもいる子(群れは嫌なの)
お水入れとご飯の器~こちらの小料理屋さんから仕入れのあまりもの
戴いていたとずーと思い込んでいました
どうなのかしら???

車一台がやっと通る細い道ですが、猫がくつろいでいる姿に癒されてきました
この子も耳はカットされていますので、ちゃんと手術された子
とても人懐っこい子で歩いている人に「にゃ~」と声かけてきます
白黒のハチワレちゃんは皆そうなのかどうかはわかりませんが
地域猫のハチワレちゃんも近くで写真撮っている人に反応していました

この地に住んで、猫を飼いだして地域の猫たちに目を向けるようになった
これは私の人生に彩を添えてくれています
多分、この地の人たちは私以上にこの子たちから多くの事を得ていて
これからもこの子たちへの支援を続けてくれると思います




Comment:0
2019
02.04

またまた猫話

Category: ねこ
保護猫を家で飼っているお友達、現在四匹だそうです
毎年、春と秋には駐車場の片隅にて、いつの間にか出産していて
母猫を捕獲して手術すれば良いのですが、逃げ足が速くて捕まらない数年
昨年の秋にやっと捕獲して、保護団体と連携して無事手術は終わって一安心
と、思っていたらその母猫が春に産んだ子(メス)が幼いない体で出産
もうね、イタチごっこみたいな感じだったんですよ

最近になってやっと落ち着いてきて、家猫になった四匹も割合仲良く過ごしていたみたい
だけど、その中の一匹の子多分~三歳だと思うけど
「よだれが酷くなったのよね」…「???」我が家はミミちゃんが初めての猫ですから
全く知識がなくて…
「保護したときに病院で検査したら,猫エイズの気配アリと言われたの」
『猫エイズって一緒にいる子には感染しないものなのね?』
本当にお恥ずかしい話していました
人間のエイズについては感染の仕組みを知っていたつもりだったのにね
キチンと猫も不妊や去勢をしていれば大丈夫なもの…

ただ~最初にかかった病院では何も手当としてはできなかったのかしら?
と、これまた初歩的な疑問…無知なのでその辺はお友達に聞けませんでした
家猫のミミちゃんには関係ないと思い込み知識ないことかなり反省しました
保護猫活動はとても大変なことで、立派な事と思います
しかし、色々な知識もあちこちとの連携も不可欠だと知らされた出来事です
今後発病したとわかったらどうなるのでしょう
そういう事も含んだ上での活動になりますね





Comment:0
2019
02.03

立春というのに~我が子は

Category: ねこ
寒暖の差はありますが、二月の声を聴くとやはり春近しですね

が~我が家の末娘(猫)はこんな状態


fuku.jpg


動いたのでぶれていますが、分かりますか?
洋服着せられています
寒いからではないのです………

お腹の毛がまたまた禿げてしまい…赤い湿疹が広がってきています
昨年の秋に最初にその症状が出た時、動物病院に連れていったら
これは繰り返しますね~と言わていました
一カ月に二回行った時もありました、注射が打たれましたが保険がききません
というか保険に入っていません、だから高いですね

それで~手術した後に着せる「術後服」を買い求めて
お腹がすっぽり隠れるタイプのものなので、かなり嫌みたいです
これもストレスになるのですが…
見えないところで舐められて赤い湿疹がどんどん悪くなるようす昨年ありましたから
防衛策の一つとして使っています

途端に戦闘能力消失で…哀れな女の子を演じています
普段決して相棒の膝には乗らないのに、積極的に膝に乗って
避難している感じなんです
相棒嬉しい反面重いのもどうかな~とぼやいています(笑)




Comment:2
back-to-top