FC2ブログ

☆★☆ 毎日一人でつぶやいてます☆★☆

すでに10年経っているんですよ(驚)
毎日・毎日何かしらつぶやいています
ちっとも飽きません~
読み返しますと、その時々の事思い出すこと多しです
こんなことする人無いでしょうね

それで気分は春色にしようと思いテンプレート変更しました(^^♪

世の中は新型肺炎の話が多くて、気持ちがふさいでいますし
本日、また少し気分が憂鬱になる話の連絡があり
なんだか中々うまく回らないときってあるものですね

なまじボランティアなんかを長くやっていると
色々あるのでしょうが、あちらこちらで不協和音が
鳴りだしていて、どうも気分が上がりません

ただ、家の中はシニア仕様に変化しました
な~んて大げさな事ではありませんが
トイレと玄関に小さなてすりを付けてもらったんですよ
立ち上がる時の予防のためにね
今はまだ必要さを感じていないのですが
相棒がそういう作業が億劫になる年齢になる前に
やってもらえると有難い訳でして
ヨイショヨイショしてつけてもらったんですよ
廊下の手すりは邪魔かな…廊下の幅が狭いからね
まだつける事考えていません

これらはいずれ役に立つと思います(^_-)-☆





2020.02.26 / Top↑
手作り上手なお友達からいただきました
長さは25センチくらいのものですが
『南天九猿』というそうですね

南天の枝をきり、それに九匹の猿が乗っているんですよ
さるぼぼ…飛騨弁では、赤ちゃんのことを「ぼぼ」と言い
「さるぼぼ」は「猿の赤ん坊」という意味で
災いが去ると言われています

南天は~難を転じる
九猿は~苦が去る
この言い伝えからできた飾り物らしいです

nanten.jpg

猿の大きさ何て1cm未満かしら?
兎に角小さいものを丁寧に作られていて~

我が家にお嫁入してきましたよ
陶芸やっているときに、お友達にプレゼントしたら
「我が家にお嫁入してくれて嬉しい」と言われた事あります
何となく良い言い方だな~と思っていて
それ以来、いただきものにそんな風に言うようにしています

これは、お雛様の所に飾らせていただきます




2020.02.11 / Top↑
関東は晴れ渡っています
『新成人の皆さんおめでとうございます』

今朝のTVで紹介された岩手県の奥州市の式典で
親から新成人への手紙が読み上げられていました
中のお一人はお母さんが闘病の末、息子の晴れ姿見る事なく
亡くなられていて、お父さんがお母さんからの手紙を
壇上で読み上げられていました
生前に書き留められたものではなく、病室からの日々のLINE
それらをまとめてお父さんが書きとめ代読という形です
幼い頃からの映像も流れ、闘病中のお母さんの姿も

晴れ姿を見たかった 彼女さんと話したかった 
結婚式を見たかった 孫を見たかった 孫の世話をしたかった
例えよぼよぼになっていたとしても

もう涙無くしては見られませんでした…無念さが伝わり
娘たちが同じような年ごろに私も大病を患い
その時(本当の話ですが)【余命一カ月】と伝えられた家族
本人の私は高熱が続きもうろうとしていたので…
伝えられたのはもう少し落ち着いてからでした
奇跡的に抗がん剤がヒットして~今日まで生きています
まだ私には使命があったのだと思う事にしています
娘の成人式・卒業・就職・結婚式・孫の世話なんとかできました

多くの成人された方々のお一人ずつに家族とその思いあると~
子供は一人で育ったわけではなく、だれか彼かの手が
沢山の祈りも込められて今あるのだから
大事に大事にこれからの人生過ごしていって欲しいと
切に願います



2020.01.13 / Top↑
高校の同窓会って出席したことないんですよ
部活のものは出たことがありましたが…
それも数回ですね

特に東京に来てからは関東地区にいる同じ高校の卒業生
その人達対象の同窓会も都内でありましたが
それすら出たことが無いんです…
そういう人って少ないんでしょうね

自分の中では昔話を懐かしむという気持ちが
湧き上がらないのは何故でしょうね、情が薄いのかな?
その時代・青春時代が輝くものではなかったからなのかも?
吹奏楽部の思い出は色濃く残っていますが
学年やクラスの人たちの事はほぼ薄れています
そんな中でも唯一、美術科のある方に憧れがありました

今日吹奏楽部の時のお仲間から年賀状が届きました
憧れの方が普通科(私の在籍科)と美術科・音楽科合同の
同窓会に鹿児島から駆けつけていたという知らせでした
何だか18歳の私が突然思い出されてキュンとしてしまい~
自分の受験よりも彼の受験を心から願っていた
あの頃の私って純粋でしたね…
せっせと千羽鶴折っていたんですよガムの紙で
お仲間にも手伝ってもらっていたかも?

かなり重荷になった千羽鶴でしたが受け取ってもらえました
もうそれだけで舞い上がっていましたね
輝くエピソードはそれっきりです~(^_-)-☆






2020.01.08 / Top↑
相棒の中に一枚、私宛の中にも一枚
「今回の年賀状で最後になります」~という風なニュアンス
今後はこの方たちにはお出ししない方が良いのでしょうね

お1人は七十七歳、もう一方は七十歳です
節目という事なんでしょうね
何かを続けていて、それを止める勇気って………
思考を重ね言葉を吟味の上に吟味してのことでしょう

私宛のものについては、添え書きがありまして~
これでご縁が無くなるわけではありませんよ
また、お誘いくださいとありました←こちらは直筆です
それのお心を大事にして、春になったら~
お誘いしてみようかなと思っています

本来はクリスマス前に咲き乱れるはずのクリスマスローズ

hna-0.jpg

今年はやっと、二鉢が花を咲かせました
夏に株分けしたので他の鉢はまだまだのようですが
今年のクリスマス(笑)350日位あとかしら
全部の鉢が咲き乱れて欲しいな~🌸


2020.01.04 / Top↑