FC2ブログ
Category | つれづれ

お散歩日和

晩秋の暖かな日差しに誘われて~♪
自宅より徒歩20分の「別所沼公園」へ出かけてきました
相棒誘ったけれど「寒い」と一言で拒否
「えっ?」これが寒い日なの???

程ほどの軽い汗で到着

numa-02.jpg

湖面に映る紅葉もすこぶる綺麗で大好きな構図です
あれを右に回って歩いていると、かなり人が絵を描いて~
そおっと後ろから見せていただいたりしましたよ

numa-00.jpg

右の橋の方に絵を描いている人も一人います
その並びには釣りを楽しんでいる人も~
今日は人出が多いようですよ
一周するのに10分くらいですので、何度も回っている人
道路はランナーに優しい舗装になっていますので
ウォーキングの人、勿論ランナー後は散歩人です
そうそう元うなぎ屋さんだったところが変身していました
何と「ドッグカフェ」です

帰る時何気なく見ていたら、お店の方らしい男性が
バギーを下ろしていました
お客さん2人がお礼を言っていましたので
きっとわんわんのバギーだと思ってみていたのですが
ママが赤ちゃん抱っこしていたのでベビーカーです
成程、階段上がるお店だったので上り下りは
お店の方がサポートしてくれていたんですね

この別所沼でわんわんのオフ会したことありました
当時は、最初の写真を撮った背中側にカフェがありました
今はすでに無くなってマンションです
そのマンションからあの景色が見えますから
とても景観が良いでしょうね

秋田では凄いことになっていましたが、お陰様でこちらは
十二分お散歩楽しめました
寒さ厳しくなるらしいので、お風邪を召しませんように~♪






様々な形「真珠葬」

愛犬が亡くなって早10年は過ぎていますが…
遺骨はそのまま自宅に置いています
マンション暮らしなので庭に埋めてあげることもできず
私達の二人のどちらかが亡くなった時、遺骨の一部
ほんの少しで良いから、私たちのものと混ぜて欲しいと
娘たちには頼んでいますが…実際にやってくれるかどうかは???
その前に遺骨をどんな形にせよ、見送らなければ~
と思ってますが今日までそのままです

こんな記事見ました
★長崎県五島市の奈留島で、ペットの遺骨を核に真珠を
作る事業「真珠葬」を手掛けるウービィー(東京、増田智江代表)が
初めて真珠を完成させた
ペットを失った喪失感「ペットロス」を抱える飼い主を癒やそうと
同市奈留町の真珠養殖業者「多賀真珠」(清水多賀夫代表)
などと連携して真珠葬を考案
樹脂で包んだ遺骨をアコヤガイに託して真珠にする手法★

貝が育ててくれるんですね~何だか感動しました
再びこの世に生き返った感じとして受け止めました

こんな風に再生されると、手元にいつもあり~
もしかしたら加工して身に着けておけるかもしれません
愛犬の毛髪はリボンつけて、小さな可愛いケースに入れ
家族分作ってそれぞれが別々の場所に住んでいる時
飾ってもらっていました
遺骨もできるのであれば~ぜひ作りたいですね



晴天の秋空に~♪

祝賀御列の儀、パレードがご無事に終わられました

この日「君が代」と「新祝典行進曲」が奏でられましたが~
パレードの時に流れた「新祝典行進曲」は思い出が沢山

★『祝典行進曲』(しゅくてんこうしんきょく)は
1959年(昭和34年)に團伊玖磨氏によって作曲された行進曲
1959年、当時皇太子であった明仁親王(現上皇)及び
正田美智子(現上皇后)の成婚を祝して作曲された★

当時はまだ中学に入る前だったのかな?
あまり記憶にないですが~
次に1964年のオリンピックの時はばっちり覚えています
このころは高校の吹奏楽部に在籍していて
この曲を繰り返し繰り返し練習していましたので
「オリンピック音頭」という曲も同時にやっていましたね
九州の田舎で練習していた曲を
まさか、埼玉の地で天皇・皇后両殿下の祝賀パレードで
改めて聞くことに感慨を覚えました

團伊玖磨さんという作曲家の事もその当時教えられましたが
田舎の高校生にとってベートーベン位遠い人で
何が偉いのかすらわかりませんでしたが
やはり凄いですね~歴史の中での一こまを
ご自分の音楽で彩られたわけですから
これからもその音楽は引き継がれていきますね

両陛下の晴れやかなお姿を、直接には拝見できなくても
日本の各地で心からお祝いされた方は多いでしょうね

国民の平和と世界の平和~♪


タンゴの魅力をあなたに~♪

秋晴れの一日、お友達とタンゴのコンサートへ


tango-2019.jpg


格安のお値段で~今年も楽しんできました
チケットの価格「1000円」でなんて、最近こんなに格安のもの
めったにありませんよね
奏者はベテランの方ばかりなのに~♪

池田みさ子とロス・アミーゴス
ピアノ 池田みさ子
バンドネオン 平田耕治
ヴァイオリン 鈴木慶子・山本江梨子
コントラバス 東谷健司
ヴォーカル 小島りち子
ダンサー Marcy&magi(日本人です・(笑))

昨年よりバージョンアップ、歌手の方まで参加されている事
池田みさ子さんのお父様が元々バンドネオンの奏者で
お母様の胎内にいるときからずーとタンゴは耳慣れたもの
亡くなられたお父様のためにも
バンドは一生続けたいと熱く語られていました

シニア大学の卒業生でタンゴ好きの方のお力で
池田さんと知り合い、今日までの親交もある事で
実現しているのですが、すでに八回目だという事です
バンドの前でタンゴを踊るダンサーに初回はびっくりしましたが
今ではなくてはならないものですし
また、後部座席の通路からヴァイオリンの方達が現れる
毎回とても楽しめているんですよ
客席を巻き込む手拍子なども
随所に工夫があって飽きさせませんね

楽しいひと時をありがとう~♪

ちなみにアンコールの場面にも歌手とダンサー登場
さすが~ですよね(#^.^#)



予習ってほとんどしないできました

学生時代も含めて予習ってほとんどしたことないかも~
準備が必要なものはします、段取りって感じでね
例えば旅に出かけるときに、もう一つ例えばお城を見学
だとしてもね…その城の歴史などをあらかじめ調べていく
そんな感じではありません

生で観て感じてその時の季節や風や天候で感じたままが
その時の私のお城なんですね
ただ、帰宅してからパンフレットやネットで詳しい歴史を知る
それは良くあります~これは復習になるのかしら?

これは今回続けてみた映画の事なんですが
最初に吉永さんの「最高の人生の見つけ方」を鑑賞して
次に是枝さんの「真実」を観た後で
NHKのプロフェショナル仕事の流儀の番組を
それぞれ録画していたもの見ました
ほぼ一年間密着して出来上がったものですね

吉永さんにしろ是枝さんにしろ生でスクリーンで観た時には
分からなかったご苦労やこだわりを観ることができて
映画がより深く感じましたね、これを復習としている訳です
以前は「誰も知らない」「そして父になる」「あん」などを
スクリーンで一度観ていますが
時間の経過がありますし、記憶もおぼろになったりしています
地上波で再度観てみて、その時に見た感じ方と別の感覚を味わう
そんな事ってよくあるんです

映画って本当に素敵なものですよ~(#^.^#)






プロフィール

西の魔女ちゃん

Author:西の魔女ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード