FC2ブログ
Category | ペット

今問題になっています

人生100年と言われても…誰しもがその覚悟が元々あった訳ではありません
まぁ、信長の言ったとする人生50年はあまりにも短すぎるとは思います
医学が進歩し、世の中便利なものが溢れてきて炊事洗濯も楽になり
いつの間にか寿命というものが長くなっている実感はありました
平均寿命が延びていますものね
しかし、健康寿命という言葉も出回って、高齢者も翻弄されている現実です

そして今、介護が必要な高齢者を支える関係者は
ペットが大きな課題となっているという事ご存知ですか?
認知症などで飼い主が世話をすることができなくなったり
入院や施設入居で犬や猫が取り残される事例が増えているようです

包括支援センターが介護の必要な高齢者の支援のため
入院や施設入居へと動いても、一緒に生活していたペットまでは
介護保険の範疇にはいっていないため、その子たちへの支援ができない
近所の人たちが交代で面倒を見てくれても、継続するのには無理があり
あちらこちらの掲示板などで新たな飼い主を探すという
新たな活動までもが増えてくるようになっりつつあると………

ペットは個人の財産とされています
第三者が勝手に譲渡できません
委任状や承諾書を飼い主からいただくことができていないときに
特に認知症になっている場合、確認できにくいという事です

ペットと暮らすとき、自分たちがいつまでその子の最後まで看ていられるか
万が一のアクシデントで自分たちが看られなくなった場合のことも
想定しながらの共生を考えて欲しいと、関係者たちは考えていながら
一方で、包括支援センターだけでなく動物保護団体との連携で
新しい飼い主を探せる方法も視野に入れていかなければならないと~
今後も増えるであろう、高齢者とペットの生活
高額の高齢者施設だけでなく受け入れてもらえるような
柔軟な対応が一番望ましいけれど…淡い希望でしかないのかな~?



虹の橋

お友達から電話で保護した三か月の仔猫が亡くなったと伝えられた
元々保護したときに色々な病気を抱えていて、保護団体と協力して
動物病院とも連携していたそうです
他の猫とは隔離生活で看病していたのは聞いてました

私は犬を手塩にかけて病気で失いました
今現在は猫を飼っていますが、彼女のように多くの猫たちへ分け隔てなく
愛情を注ぎ手間も時間もかけている人を尊敬してしまいます
私には到底できないだろうな………

ペットも家族でそれらを失ったときに「ペットロス」に陥りまして
その時に『虹の橋』の話を聞き、犬が病から解放されて走り回っている姿
それらを想像したときは少しだけ気持ちが安らぎました
が、だからと言ってペットの仲間のお家には元気な子がいる現実が受け入れられず
当時のペット仲間たちと疎遠になりました
それも料簡の狭い性格を現わしています、自己分析してかなり自己中心的なものです
今でこそ、猫の存在はかけがえのないものとして存在してますが
いくらか前までは「やっぱり犬が良い」と言う思いもありました

お友達と亡くなった猫ちゃんの話をしていて
虹の橋の話を思い出し、その橋のたもとで待っているだろう犬の事思い出し
独りよがりなこんな飼い主待っててくれるだろうか?と疑問になりました
「ミミちゃんはきっとあなたの事心配だったルビーちゃんが縁を結んでくれたのよ」
「今もそばにいてくれているのは幸せね」とも~
気づかせてくれたお友達大事にします

虹の橋



繋いでくれるのは~

シニア世代にはかなり切実な問題です

夫が社会でシャカリキに働いているころは妻は子育て
子供のいらっしゃらない夫婦では、妻もまた社会でシャカリキに働いているかも
そんな世代が共に一定の年齢で社会からリタイヤして
家庭に入りますと~ともに話す話題に困ることがあります
それでも子供が家にいる間は、それが共通の話題ですから
何かと会話はあると思われます

が~子供も独立したりして夫婦の共通項が一つ減ると
とたんに話題もなくなってしまいます
趣味などが合えばそれなりに話題もあるのでしょう
また、相手に対して気を遣うタイプですと(夫でも妻でも)
何かしら相手の興味のありそうなことや、ニュースなどについても
TV・映画・スポーツなど色々な話題を提供して会話楽しむ方も多いかもしれません

あるアンケートで夫婦の現在に満足している人、夫も妻も約六割が
満足・やや満足となったそうです
あまり満足していない・ほとんど満足していないと答えている人も
二割弱はいたようです
とくに会話がなくなり、相手に対しての思いやりも薄れ
女性は生活力があれば一人になりたいとまで思う人たちがいるようです

しかし、そこにペットという存在がいると二人間に穏やかな時が流れたり
ペットを介在しての会話が成立するため、和やかになっていったとの回答があったそうです
言葉話せぬペットでも、その存在そのものにはとても大きな力が働くようで~
我が家でも相棒はとてもやさしい言葉をミミちゃんに投げかけています
おそらく結婚以来、私には言ってはいないのでは~?
と、思える言葉だったりして…それは私にもあるあるな事でしょう・・・お互い様です

救いの神様なのでしょうね「ミミちゃん」は~♪




ペットとの生活

随分前から、柴犬を飼っている方のブログを見せてもらっていました
昔、ワンコのネット友達が飼っていた白柴犬にちょっと似ていたいたので~
こちらの柴ちゃんはかなり賢いワンコちゃんでした
ところが~二ヶ月くらい前から体調崩して食べなくなったと書かれて
ファンとしてはとても心配していました
ブログもずーとお休みされていましたが、先日亡くなられたと…

このワンコちゃん体重が25㌔くらいあったようなんです
それで動物病院に連れていく時、体力が無くなっていて歩けなくなり
飼い主さんが何とかカートに入れようとしたら、嫌がってしまい
1人では載せる事ができなかったそうです
思い余ってドッグトレーナーさんに電話で相談したらば
幼いころからカートに載せる事をしていないと
この子のように10歳過ぎてからは難しいという事でした
お隣の人の手を借りて、やっとカートに載せて病院に連れて行ったとか
飼い主さんも体力がなく、泣きたくなったようでした

犬も猫も小さい時は軽々と抱っこ出来たりはありですが
大人になって体重が増えたりすると、それも無理なことがあります
特に猫はバックやケージに入れないとリードで歩かせてはムリ
みみちゃんは愛犬が使っていたペット用バックに入れる大きさですので
年に一回の病院もこれにINしていきます
最初はニャーニャー五月蠅いですが、覚悟決めたら大人しくなってくれます

また、今後震災などの非常時の事も考えると
家族の一員である以上、移動手段を飼い主は考えておく方が良いですね



譲渡会

ペットとはペットショップで出会う場合が多いのかもしれません
その場合ほとんどの場合、血統書付きなどでお値段も高く
そして何よりも幼いーーー生後二ヶ月とか三ヶ月とかーーー
しかし、保護犬や猫の場合もう少し年齢が高い方が数は多い?

特に猫の場合は野生で生まれてそのまま、またまた子供産んで~
等の場合は保護されたときにすでに年齢が上がっている
母猫だけでなく、仔猫も保護している静岡のお友達
今年はあちこちの地域で80匹も保護したけれど
譲渡会で縁が結ばれるのは仔猫が圧倒的だそうで
母猫たちは中々ご縁がない~手術をしたうえでボランティアさんが
自宅で多頭飼いという場合も多々あるそうです

ペットが人の心を和ませることは良く知られてきています
でも、シニアの方々が新たにペットを子供の頃から飼うことは躊躇します
先の人生を考えると「ペットが先か自分が先か」
そんな迷う心ありますからね
だけど、そこで保護犬・保護猫で成犬・成猫になったペットならば
負担も少なく(特にお散歩が必要不可欠の幼い犬や壮年犬は難しい)
ゆっくりとした時を過ごせる保護の犬・猫などとの生活ならば
生活に彩を与えてもらえるのではないでしょうか

わが家も夫婦二人だけでは、会話がとても少なくなってきています
そこにみみちゃんが入ってくると、おっととさんの表情も
仕草も変化が多いんですよね
仲を取り持ってくれている感が絶大なんですよ

シニアが考えておかなければならないのは…
万が一ペットが残されてしまう場合の事
誰かに引き取ってペットの終生が無事に終われることも
配慮しておく必要はありますね



プロフィール

西の魔女ちゃん

Author:西の魔女ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード