FC2ブログ
2013
03.14

サプリメント

何かしらのサプリを摂取している人多いと思います

とても若いころお友達がビタミンC・D・E・等を
錠剤で朝晩飲んでいました
その当時は、自分ではこんな若い時に飲むものなの?と
疑問があったけれど、人それぞれだからと気になりませんでした

この年になるとサプリを使っていない人の方が少ないです

サプリメントは広義では、人体に与えられる物質
という意味で食品以外にも用いられる
栄養補助食品、健康補助食品とも呼ばれ略称はサプリですね

足が弱っていますので、あの昔力士だった方がCMしてる
例の商品を服用しているのですが~
毎回頼むのも面倒だから、定期コースと言うものにしています
一日に服用する数(瓶入りの錠剤)が決まっていれば
一瓶は一か月で消費しますので、一度に二瓶届きます

それでちょっと考えたんですが…
瓶はリサイクルされるものですね
ならば~この企業で定期便のお届け時に
回収してみたらどうでしょう
前回届けた時に使った箱を残しておき
次回の時に空になった瓶を入れて宅配業者に渡す
宅配業者から企業へ

勿論そのままで使えるわけではないのですが
資源物として、清掃事業者に回収されるより
企業がそれらだけを回収して
何らかの方法で再利用する取り組み

全く不可能な問題でもないような…
再利用のための設備投資は必要でしょうが
長期的に見てもECOにならないのかな~なんて
またまたド素人が思いついたんです



Comment:2
2012
11.26

エスカレーターは…

外出した時、エスカレーター&エレベーター利用すること多いです
日頃の運動不足がものすごくあるのですが
階段が苦手ですね…(ー_ー)!!
このマンションに越してきて余計です
戸建と違い家の中に小さな段差はあっても階段はありません
日常的に階段使わないので下半身弱いのでしょう

昨日の新宿へ行くのに駅の中では特にエスカレーター
あれば必ず上りも下りも使います
その時夫婦でいても上下に分かれて左側に寄ります(関東式?)
右側を駆け上る人も時々います
結構危ない時も…大きなカバン持っている時や
はずみでぶつかる人も…

急ぐ時の人間の心理としては駆け上りたい・駆け下りたい
東京駅での調査内容がありました
地下五階の横須賀・総武線ホームから、地下一階の出口までの間を
上り歩かないと1分35秒・それが歩いて上ると57秒、その差38秒
下りは歩かないと1分47秒、歩くと47秒でその差47秒

その差をどう受け止めるかですね

元々、人が歩くようには設計されていないエスカレーター
そうはいうものの、一人分横が空いていたら歩きたくなる心理も分かる

だから、常々思っているのですが
エスカレーターは一人分のスペースで、上りも下りも必ずセットで設置
上りはあっても下りはなくて階段、こんなパターン多いですよね
だけど膝の弱い人は下りがきついとよく聞きます
上りと下りセットで(一人分スペースで良いので)設置してください
急ぐ方は階段のご利用を~これって無理かな???





Comment:2
2012
10.18

あの中山さんのように~

iPS細胞の事は今回のノーベル賞のお話で
かなり詳しく報道されてそれなりに理解しました
とても画期的です
早く臨床で使えるようになってほしいです
色んな難病とされているものも、治療に役立ちますし
治療法がないと言われている方たちにも
明るい将来を夢見ることができると思われます

と、同じレベルで話してよいのかどうか分かりませんが
以前からとても気になっていることがあります

車の運転されている方たちで事故を起こしたトラブルの一つ
アクセルとブレーキの踏み間違い
オートマチックになってからの事故ですよね
マニュアル車からオートマチックに切り替えた時
左足で踏んでいたブレーキを今では右足で踏んでます(私)

そうそう、免許取った当時はオートマは珍しく
ごく普通にマニュアル車で免許証もらっています
結婚当初もおっととさんが持っていたスポーツカータイプの車
これだってクラッチ繋いでアクセル全開とか…
それなりにやってましたが、今やオートマ以外はかなり不安で
運転する気も起りません

高齢化社会や、公共交通が廃止になる山間部での車の需要
衰えるどころか増加するのでは?

そこで自動車メーカーの方たちは
大至急、この問題解決に向けて対応してほしいです
すでに取り組みが始まっているかもしれませんが
急いでほしいです、年々高齢者増えています
その対応車については助成金もつけてもらうと
買換えがスムーズになるかな?

しかし、自分の運転能力の診断もきっちり受けてもらいましょう
免許証更新時だけでなく、年に二回くらいは適性テストも実施
適さない場合、本人が免許証返還ではなく
法律も免許停止など法の整備もしてほしい所です

企業だけに任せるのではなく、行政も同じように対応して
この様な事故が繰り返し起こらないよう強く願います


Comment:0
2012
09.12

これは怒りの声あげて!

このブログにはほとんど書かない話題ですが…

神奈川県川崎市の市長が先日
セシウムが検出された冷凍ミカンを
学校給食に取り入れていると発表
今年の四月からすでに実施されている
また、九月からは冷凍リンゴも使うとか
セシウムの量は基準を少し下回っているものの
検出はされているわけで
子供の給食に使うということ自身おかしな話

9/4付の東京新聞に掲載されています

まご君たち川崎市に住んでいます
ショックです、常識では考えられない

この市長の言葉に「危険ということを知る必要がある」
というようなくだりがあります
外を歩いていても車との事故だってあるし
すれ違った人だって危険かもしれないということも

だけどね、危険と分かってて口に入れさせるのはどうなんですか
車の事故も確かに防ぎきれないものが過去にありました
すれ違った人との事件だってありました
それでも、児童生徒がどのくらい川崎市にいるかは分かりませんが
その子たちの毎日の大事な給食に使用して良いという
考え方自身間違っていませんか?

大人の責任として子供には「危険から身を守る」
それを教えるのが本筋だと思うのですが
横浜市も鎌倉市もこの件は見合わせたそうです
何故川崎市だけ取り入れるのでしょうか?




Comment:2
2012
07.06

人手不足というけれど…

これは一般の就職戦線の話ではなく
いわゆる行政に関わるところでの話

日頃から常々不思議なんですが
例えば児童相談所につながるもの
児童虐待の兆しが見えて通報があったとしても
訪問して家庭内にまで踏み込むことの困難さや
きめ細やかに対応することが難しいという話の中で
必ず出てくるのが、人手不足という問題

それ以外にも孤独死という問題が起きた時も
高齢者のお宅ではなかったので
不審な様子がうかがえたのに
今一つ踏み込めなかったという問題

正規職員では対応しきれないない部分が多々あり
それらの事も十分認知されているのに
対策を講じていないような気がします

これらはいつまでも悪循環ですよね

世の中仕事をしたくてもできない人大勢います
専門知識や資格などという時間のかかるものではなく
すぐに動ける人をアシスタントとして
活用する方法は使えないのだろか?
短時間の講習は必ず必要(個人の問題に立ち入るわけだから)

若い人から団塊のシニア世代でも
こういう問題に関心がある人いるのではないかな?
公募というかたちで広く募集してみる事も一考しては?

とにかく予算がないと動かせないというお役所仕事だけど
まずは機能させてみることが先決で
結果を出して世の中に問うてみることも必要では???





Comment:0
back-to-top