FC2ブログ

木漏れ日の中で

☆★☆ 毎日一人でつぶやいてます☆★☆

  1. 傾聴
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

傾聴のお仲間と~♪

まだ活動は始まっていませんが、お仲間とランチしました
ここは自己責任で食事をし、おしゃべりの場とします

三か月以上は会っていなかったため、話は弾みます
活動の事がまずどうなるかと話し合ってみたら…
それぞれが別々の感じ方と対処の仕方を考えてて
やはり十人十色というのが良く良くわかりました
会員さんの気持ち第一で、何人の人が動くか?
施設の対応がまず先ではないの?
これを機会に活動への取り組みが低下した人多いのでは?
そうなると、事務局がGO!をかけても難しいよね
な~んて結論になったりしてね

後は自粛も慣れてしまえば、家にいることも苦ではない?
しかし、夫婦だけでの家庭ではストレスが積もっていって
見なくて良いことまで見えてくる…
そんな話も噴出してきました

私はこの自粛中に亡くなられた方の話を聞いてもらいたくて
深い内容は言いませんでしたが、地区の違う方なので…
だけどこの場でしか話せなくて…
吐き出してしまいました
やはり同じような志で集まったお仲間ですと、しっかり話せました
彼女の事を偲ぶ機会が欲しくてね

まだまだ活動の場がどうなるかはわかりません
傾聴行っていた施設に行くことがあれば、話し合うことあるかも
だけどそれはいつになるかも?
今日は地区が違うけれど、お話聞いてもらえて良かったわ
その時は彼女の存在がそこにあったから~





  1. 傾聴
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

やっと連絡が~

傾聴の事務局からやっとガイドラインになるものが
手元に届きました

が…
どうなんでしょうね?
施設の利用者さん(ディサービスの方)入居者さん(滞在型の方)
いずれも高齢ですし、お耳が遠くなっている場合があります
普段の傾聴でも、私達がマスク着用すると
聞こえにくいと言われて、ケース・バイ・ケースで
マスク外すことあります

もしも、利用者さんや入居者さんもマスクされていると
声がよりくぐもってしまい、逆に私たちに聞こえないかも?
兎に角会話が主体のボランティア活動です
声を張り上げると、より飛沫が飛ぶような気がします
それにソーシャルディスタンスなるもので、距離が遠い?
活動ってできないのではないかしら?
なんて思っていたのですが、事務局はすぐにでも再開したい
そんな旨の事が文書できました

施設さんの対応が気になります
何かしらの対応を取ってくださるのかしら?
これまで通り、傾聴を喜んでもらえるのでしょうか?

お相手のいる事です、私達の気持ちだけを
押し付けるわけにはいきません
いずれにしろ今月中の再開は無理なようです
施設さんとリーダーによる話し合いをしていただき
それを会員さんに持ち帰る~そんな手順らしいです

会員同士の話し合いも必要ですよね…
私に関しては中断してからどなたとも会ってなくて
非常に寂しい思いしてます…(/ω\)
不要不急の外出避けてを守った結果なんですけれどね
真面目なんです私~♪





  1. 傾聴
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

今朝のニュースで亡くなった方と同じ…

筋萎縮性側索硬化症(ALS)のため亡くなられた佐伯チズさん
美容家としてメディアではお見掛けしていた方です
三月に発病されてと………ニュースで今朝知りました

が…その数時間後に同じ病気で三月から入院していた
傾聴のお仲間が亡くなられたとの一報が入るだなんて
もう驚きでしかありません
その知らせの直前に、亡くなられた方へお見舞いメールを
出したばかりだったからです
確かに今朝のニュースで気がかりになってだしたもの
四月の始めに入院していると聞いてメールでお見舞いしたら
三月から入院して、病名はこうでその治療の副作用で
肺炎を併発していると教えられて、励ましのメールを
その後何回か差し上げました

大病の経験、長い入院生活でのこと等あれこれと
気休めになったら良いな~と「エール」を送るつもりで
五月に入り何度かメールしようと思いながら
出来ないままで、今朝ふいにニュース映像で
暫く間が空いたことのおわびを入れてみたりして
メールを入れた、直後に別の方からのお知らせで…
動転してしまいました、そしてとても悔やみました
もっと早く出せる機会はあったと思うのに…

退院したら一杯話したいです
と、書かれたメールが手元にあります
凄く~凄く~切ないです
まだまだやりたいことが一杯あるのと語っていた顔は
輝いていて、私のだらけた気分を押し上げてもくれました
彼女の事を一緒に語れる人が今ちかくにいません
傾聴の活動はストップしたまま、ソーシャルディスタンスなんて
言われると、気楽にお仲間たちにも声かけずらくて…

1人でも沢山・沢山彼女を偲びたいです
お酒の好きだった彼女を思いながら
『献杯!!!』






  1. 傾聴
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

ボランティア手帳

平成31年度の期間中に活動したボランティアに対して
皆さん、ボランティア手帳を持っていまして
活動するとシールを一枚か二枚(施設によって違う)
貼ってくれるシステムがあります
全部貼れると50枚です…それより多くの活動していますが
50枚貼ったらもうシールはもらわないシステムなんですね
だから、もっと多くのシールが貼れると良いのに~と
活動している方々は言ってますね

コロナ騒ぎでお役所も立ち入らない方が良いかな~と思って
四月五月は避けて、もうそろそろ良いかしら
なんてお散歩兼ねて手続きに参りました

お二人ほど手続きされていただけです
番号札がありますので引きましたら、すぐ担当者が来て
「手帳の手続きですね、こちらでさせてください」と
長椅子の方であれこれ軽く質問されて即対応です
前の方がいなくなったら呼び出しがあり
カウンターにどうぞ~と他の担当の方が、早いです
申請書がいつもなら手帳と一緒に同封されていますが
今回なかったんですよね
担当の方が持ってこられて、申請書見せてくれたのですが
全部必要事項がプリントアウトされていました
活動の協力費(シール50枚で5000円)入金先の
口座番号まで記入されていましたよ⇒昨年まで当日手書き

それと~アクティブカードも昨年は12枚でしたが
今年はコロナで迷惑かけています、という事で
プラス2枚してくれました
これは市内の美術館・博物館・スポーツセンターなどが
無料になったり割引になるカードです
おまけのおまけみたいな2枚も嬉しいですね
印刷はちょっとチヤチになったけれど…

取り敢えず、今年の活動のスタート見通しがないけれど
気持ちだけでもエンジンかけておきましょう





  1. 傾聴
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

コロナの後は…

今の状況がいくらか収まってきたらという仮定の話ちらほら
世の中はどう変わるのか?
新しい生活様式~が目標なんですかね

手洗い・うがい・消毒などを日常的にするのは
冬に向けてのインフルエンザの予防にもなるのでOK
私的問題は…3密…これって~難しいかも…と心配です
というのは、もし宣言も解除、自粛もゆるやかになって
ボランティア活動が復活した場合のことです

これまでも10月から翌年の3月末まで、活動の施設内で
マスク着用はほぼ義務付けられてはいますが
お相手する施設の利用者さん・入居者さんの中には
お耳の聞こえにくくなっている方が多くて…
時にはマスクを外してお話をする場合がありました
もちろん私たちのほうは健康な者が参加しています
また、利用者さんや入居者さんは体調がすぐれない方は
参加しないことになっています

今回のコロナに関しては介護職の方達も大変なご苦労と
危険性を抱えながらのお仕事されていること理解しています
完全に安心だという状態は、どんな尺度で測ればよいのかと
ふと疑問に感じていまして~
以前のように体温測って、手洗い・うがい・マスクで
活動参加で良いものであろうか?

ここがお仕事とボランティアの線引きの難しさです
お役に立ちたいという気持ちは溢れるほどあるけれど
私たちの後ろにも家族がいて、ボランティア後には
家庭に戻りますし、家族の中にも色々と意見がある所です

ボランティア団体も先を見据えての結論を出すと思いますが
一応、気がかりなことをリーダーさんに伝えてみようかしら?






NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

西の魔女ちゃん

Author:西の魔女ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

月別アーカイブ