FC2ブログ

木漏れ日の中で

☆★☆ 毎日一人でつぶやいてます☆★☆

  1. 地域参加
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

フットパスの二回目

一週間前のフットパスは小雨模様でしたが、今朝は晴れました!

コースはよく知っている場所ですが
ほとんど歴史的なものは見聞がなく
今回初めてのものが多かったです

毎年、枝垂桜を楽しませてくれている『玉蔵院』の逸話
宮崎喜六という方が見聞したものを書き残してくれていたようです



PICT0002.jpg



『玉蔵院』の石庭…ブルーのユニフォームの方
毎朝整えてくれています


★徳川家康が玉蔵院への寺領寄進にあたって
望み次第、鴻巣宿から浦和宿まで与えるとという
思し召しが囲碁相手の四世・五世住職にあった
が、沙門の高禄はかえって災いをもたらす
と言ってわずか10石だけ賜った★



PICT0001.jpg



ガイド会の方が説明している表示板には
★寺中可為不入者也★と書かれていて家康の寄進状をもとに
【守護寺不入】とかかれた石杭を立てて
寄進や寄付に関しては一切お断りという方針を貫いたそうです

中門前には弘法大師の像もあります



PICT0003.jpg



文学・歴史に関係ないのですが
道筋にある歴史ある割烹のお店(夫のお祝いをしました)
『千代田』は本館とは別の庵で「麦とろランチ」やっています
ここのお庭には冬でも咲いている桜があるんですよ
逆光で色とかが見えませんが、
一本の木にピンクと白と両方の花を咲かせています


PICT0004.jpg



調神社~冬にある『十二日まち祭り』を何度か取り上げたところです
租庸調が行われていた平安の時代に、伊勢神宮に調をささげるために
出入りの鳥居は上部がなく、狛犬のかわりに狛兎なんです
これらは以前にも書いたことがあります
今回は文学の方面で、長谷川かな女さんの句碑があるということで
神社裏手の公園へ
長谷川さんのゆかりの方、句碑を建立された方(中峰さん)の
次女の方が近くにお住まいで、句碑の説明にも参加してくださいました

正直言って俳句は全く分からず…(ー_ー)!!
また長谷川さんの知識も皆無
所が参加者の中から長谷川さんと相対した位置にいた女性俳人
この方の事を松本清張が書いています
とてもライバル心をむき出しにしたような本です~と…
そんな風な説明が入ると、ミーハーですから
何だか興味を持ってしまいました

約二時間かけて、あちこちと散策とお勉強をして
心地よい疲労を感じた秋の日でした








<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

西の魔女ちゃん

Author:西の魔女ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

月別アーカイブ