FC2ブログ
2013
08.31

こんなことも裁判に…

Category: その他
NHKの放送で外来語が乱用され、わかりにくくて精神的苦痛を受けた

そのような理由でNHKを相手に慰謝料請求を求める裁判が
視聴者から起こされたそうです

確かに…横文字の言葉に変えられてしまい理解するのに時間のかかる
私たちの世代にとってはよくわかる言い分ですが
こういうことで裁判って起こせるものなんだ、というのが第一印象

名古屋地裁に71歳の男性が提訴し、第一回の口頭弁論があり
NHK側は請求却下を求めて、争う姿勢を示したようです

この男性一年をかけて弁護士と話し合って提訴に踏み切ったということで
「不必要な外来語への言い換えが急速に進み
日本語が失われていくことに危機感を感じた」

理由も納得すべきものだと思いました
若い人たちがすんなり理解しうる横文字も、年配者にとっては
中々理解しにくく、前後の内容であいまいに判断する場合もある

特に日常的に、ファンドがどうのこうのといわれてもわからないのに
資料のようなものを先に送り付け、電話でそれらについて
横文字だらけの説明をし、今判断しなければならないと畳み掛ける
詐欺商法~あれもなんだかわかったふりして話をきいてしまった結果
断りにくする手法だとかねがね思っていました

私の個人的思惑より、提訴された男性は日本の公共放送が
なぜこんなに外来語を使うのか
それが正しいものなのか、問題なのかしっかり議論してほしい
それについての問題提起ということに大賛成です

池上彰さん、難解なことをとてもわかりやすく説明してくれます
あのような人ばかりですと、理解しやすいのですが~


Comment:2
back-to-top