FC2ブログ
2017
05.31

関東七名城~

Category: その他
佐竹城、宇都宮城、唐沢山城、金山城、前橋城、忍城、川越城
このうち、佐竹城、唐沢山城、金山城は中世の城であり、近世には廃城になっています
その中でも関東一の山城と言われたのが『唐沢山城』だそうです

たまたま読んでいたエッセイの中にこのお城の話があってヒマヒマのなか読んでみました
現在の栃木県佐野市にありました
当時、下野国の唐沢山城は、下野南部における重要拠点であり
上杉謙信が関東出兵する際に押さえておく必要のある城でした
また相模の北条氏康にとってもここは上杉には渡せないポイントになるわけです
当時の唐沢山城主は、佐野氏の第15代当主・佐野昌綱で
昌綱は、越後の上杉謙信と相模の北条氏康という
二大勢力に挟まれる苦しい情勢の中、御家の存続と領民を守るため
武勇と知略をもって戦国時代の荒波を乗り切ろうとしていました

上杉謙信という人、関東官領というお役目でしたが関東に住むわけではなく
普段は越後にいて、雪解けとともに関東に出てきて相模の北条と戦う
農繁期は越後に帰っていくという事繰り返していたそうです
だから上杉に庇護を受けたくてもいつもいるわけではなく
戦国の小さな国々は翻弄されていたようです
唐沢城主の昌綱の子、宗綱は度々降伏しては、反旗を翻す事10回だったとか…

それらの様子を知ると、あの上杉謙信に対して違う面を見た感じです
またこの城に関しては、関東には珍しい10mもの石垣が積まれているそうです
城というものはその築城の工夫に関する珍しいお話が沢山あります
そして、そこには知られていなかった数々のエピソードもあります
歴史ものが好きなのはそんなところが魅力なのでしようね




Comment:0
back-to-top