FC2ブログ
2018
08.06

記念日とするより祈念日としたい

Category: 記念日
今、TVドラマで「この世界の片隅に」という作品あります
2016年に映画化されていますね、この時は観てなかった…
アニメーションは少し弱いです…特に泣かされてしまうと評判のものは…
「火垂るの墓」や「はだしのゲン」も劇場では観られなかったんです
タイミングではなく、好みの問題なのかも?
アニメの楽しいものはOKなんですよ、少し変なのかなワ・タ・シ

昭和19年(1944年)の広島県呉でのお話です
18歳でお嫁に行った「すずさん」とてもピュアで素敵な女性です
物事をまっすぐに見ていて、18歳の時あんなにストレートに物事みられたかしら?

今日は「原爆の日」(1945年八月六日)で、広島では記念式典が行われましたが…
広島の小学生は広島が体験したことを誰に教わったかというアンケートによると
先生とされている事が多いようです
学校での「平和学習」とされていて、「平和ノート」に基づいて授業があるようです
実体験している方々が高齢化や、亡くなられていく時代になって
子供たちの親すら、その上の祖父母からも教えられていない事沢山あるようです

何故戦争が良くないのか・原爆の被害は長期に渡って災禍を残す事など
小学生には難しいことでも身近なことから引き寄せて
分かり易い言葉で、繰り返し・繰り返し語り続けることが大切です
しかし、これは広島や長崎だけのことではなく
日本全体で爆撃は受けていますので、その事実も踏まえ
全世界の事として、教えていかなければならない課題です

広島にはいま世界中から平和のシンボル的の千羽鶴が
かなりの量で送られてきているそうですが
それらは一定期間飾られて、その後再生紙として「卒業証書」などに
変身しているそうですよ
証書は普通白いものが多いのに、この再生紙で作られたものは
所々に折り紙の色合いが点々と点在していて
より記念になる卒業証書になっているようです
これは語り告ぐ上でも良いアイディアですね、心に響きます





コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top