FC2ブログ
2018
09.17

秋の深まるころ~

Category: つれづれ
義母の13回忌になります
が…今回は地元にいる人たちだけでささやかな法要をしたい
と、義兄から連絡がありました

月日の経つのが超スピードのような感覚
日常はダラダラなのに、月日としてとらえると速いですとても…
あれから13年が経つのです
まご君兄が生後六か月くらいの時、危篤状態なので帰郷してほしい旨の連絡
とりあえず夫婦と娘二人とまご君兄のみで駆けつけました
すると~持ち直してきた義母は、初めてみたまご君兄に微笑みかけ
細くなった手で小さな手を探そうとしていた~そのように皆が見えたのです
我が家にとっての初めての孫を見せられたとほっとした事覚えています
もうその子も六年生です

一週間もの間持ち直してくれた義母は、娘や息子
嫁や孫たちに看病される時間を与えてくれました
昏睡状態なれど、たっぷりと与えられた時間~耳は傾けてくれているような義母に
沢山語り掛けてお別れの覚悟ができてきました

月日が経ちまして、義兄夫婦の生活もより一層厳しくもなっています
私たちも年金生活にもなりました
地元にいるのは義母の妹と義母の長女、それぞれに独り身ですから
面倒な親せきや格式ばったことをいう縁者もいないわけです
15年も車いす生活されている義兄の思うようにしていただきたい
それがお互いに思いやる事にもつながると思っています

私たちがこちらにいても出来ることを考えようねと夫婦で話し合っています





コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top