FC2ブログ
2018
09.20

さいたま映画ネットワーク

Category: 映画
NPOで企画している映画上映会はご近所(埼玉会館)の場合
できるだけ鑑賞に行っています
交通の便の悪い、芸術劇場内での上映というときはあきらめます
さいたま新都心駅でもないし~大宮との間の位置で私には不便
あちらの方が上映回数も多いし、良質の作品がかかるんですけどね…

今回は「道」1954年イタリアで公開された作品です
この映画のことは知らなかったのですが、テーマ曲の「ジェルソミーナ」が
トランペットの哀愁を帯びた音色という事で、部活のバンドで取り上げられて覚えました
先輩のトランぺッターが吹く音色にもドキドキしたものです
上京後、名画座で三本立て映画を見た時、突然田舎での思い出が
フィードバックした事も、今日改めて思い出しました

ストーリーは旅回りをしている大道芸人の男が、安いお金で口減らしで売られた
頭の弱いジェルソミーナを連れて各地回っている時々のエピソードです
いつの間にか男に好意を抱くようになるけれど
それすら自覚していなかった娘の前に、別の旅芸人の男が現れて
何のために生きているのかわからないとつぶやくジェルソミーナに
小さな石ころでも何かの役に立っていると諭され
大道芸人の役に立っているかもしれないからと逃げ出すことをあきらめた
が…二人の男たちが争ったため優しくしてくれた男が殺されたことで
ジェルソミーナのバランスが崩れ~大道芸人から離れてしまう
・・・二人の別々の道に待っていたものは~
切ないメロディーが~耳に残ります





コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top