FC2ブログ
2018
09.26

第四週

Category: 傾聴
ひと月の間で、第四週は月・水・金と傾聴があります
施設さんの都合で曜日が決まりますので…
例えば完全に重なっている施設さんでは、どこか一か所に絞ります
が、このように曜日がばらけていたら入れてしまいます
逆に第三週はほとんどなくて~暇な時があります

昨日は地区会議を雨の中でも頑張って出かけました
その時のメンバーがほとんど今日の施設さんのお仲間ですから
二日続けて会えてるんですよ
もっとも私、この施設さん月に一回の訪問(通常は二回)
もう一回の訪問日は、他の大きな施設さんと重なっているのでそちらへ~

本日のピア・サポートででたお話の中にもう一度原点に戻りましょうという話
お話相手の方が黙られるとその時の『間』が苦痛に感じる傾聴さん
畳みかけるよう何かを傾聴側から言葉を出すことは…???
その『間』の間にお話相手さんは考えられている可能性もあります
それを『間』が不安だからと言ってこちらが言葉を続けると考えが遮断されます
その兼ね合いというか判断というか、とても大事なんですね
これは体験を沢山重ねていくうちに会得する場合もありますが
それを感じないままの方もいます
沈黙もまた金なり~気長く待って~待って~言葉が出てこないようだったら
こんな感じかな~とか~あぁいう風かしら~など言葉が出てきやすい方向に
そんなことを頭の中でシュミレーション…気長に待つことも傾聴さんのお役目ね

しかし………帰りのバス停で二台のバスにスルーされたのには………
待っている人全員で「えぇぇぇ…」でした
確かに中は満員ぽっかたけれど…
雨の待っている人たちの気持ちがぁぁぁ…
寒くて雨でちょっと気分の晴れない傾聴活動日
こんな日もありますね





コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top