FC2ブログ

木漏れ日の中で

☆★☆ 毎日一人でつぶやいてます☆★☆

  1. 歌舞伎
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

歌舞伎の周辺文化を学ぶ

今期の講座は三回目です
本日は「能」についての講義です
映像では観たことありますが、生での体験はありません
歌舞伎と違って舞台はとてもシンプルですね
背景に松が描かれている事は承知しています
能を舞う人と、舞台右手に謡い方と、舞う人の後ろに和楽器の人がいる
そんな基礎知識位で理解できるのかしら?~状態で…

いつも前の方に座って講義受けますので、挙手した方がどのくらいいるか不明
講師が生で舞台を観た方いらっしゃいますか?との問いに何人かが挙手したようです

さてさて、肝心の内容ですが~
★能は「謡」と「舞」を注したとした歌舞劇(仮面劇)です★
かっては「猿楽」と呼ばれ、南北朝から室町時代に
観阿弥と世阿弥によって整えられたそうです
そして歌舞伎と大きく違うのは、「能」は武家社会での根付いたもので
庶民とは全く無縁のものだったという事です
もう一つ「舞」を舞う人はシテと呼ばれまして五流派あるそうですが
シテはその五流派からしか出ることはできない、謡は謡からの出となり
和楽器は和楽器からの出身だとか…
歌舞伎は今どきは若い人たちへの道として研究生などを募集します
宗家の人しか主役にはなれないかもしれませんが、養子縁組などの道や
部屋子制度などもあると聞き、才能ある人への道はそれなりにあるのかと…

講義の後半はいつものようにDVDを鑑賞しながらの講義
…初めてです、睡魔が押し寄せてきました…
幾度かそれらを振り払う努力をしていると内容が付いてきません(笑)
だけど、これも歌舞伎を知るための1つの文化であり
頭に刻まれたものもいくつかある事はあるので良しとしています
とても自分に甘い人間です(^_-)-☆






 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

西の魔女ちゃん

Author:西の魔女ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

月別アーカイブ